野鳥撮影に関する注意事項

何をするにもマナーはつきものです。野鳥観察には特に知っておいて欲しい知識やマナーがあります。


静かに観察しましょう
野鳥は種類にもよりますが、人間が嫌いです。非常に警戒心を持っていますし不安を強く感じています。
特に大きな声を出したりすると、鳥が怯えて逃げてしまったり観察地の環境が悪化してしまいます。
ゴミは出さない
観察地や自然の環境には人間のゴミは大敵です。
鳥に注目して考えても、釣り糸やプラスティック製品は命にかかわる重大なゴミなのです。気楽に捨てられたこれらのごみは、多くの鳥の命を奪っています。その実情を知ってください。
巣には近寄らない
もしも巣を見つけたら覗いてみたいですね?ですが、けっして近づかないようにしましょう。
鳥は人間などに対して警戒心が強いですから、卵や巣を放棄して逃げ去ってしまうことがあります。そうなったら、その巣や卵はもう顧みられることはないのです。
鳥を追い回さない
これも他のマナーと同じです。
鳥に余計なストレスを与えないようにしましょう。鳥を見ているのではなく、見せてもらっているということが良く言われます。そのくらいの気持ちが持てればベストです。
立ち入り禁止区域
公園や自然観察地には、立ち入り禁止区域があります。
自然環境や野鳥、そのた動植物を守るためには必要なものです。入りたい気持ちは誰しもあるのでしょうけれど、マナーはきちんと守りましょう。
環境が悪くなると、動物も植物も無くなって魅力のない場所になってしまいます。自らの首を締めないためにも、環境を守りたいものです。
餌を与えない
野鳥に餌を与える光景は、時より公園などで目にしますね。
環境や場所によっては容認されていたり、むしろ公に餌付けをしていることろもあります。
けれども、野生の動物に餌を与えるのは良いことではありません。本来彼らは自分のちからと環境の恵みで生きています。もしも人間が餌を与えたら、自分で餌を取る努力や知恵を忘れてしまうのです。彼らのためにも、うかつに餌を与えないでください。
また、パンなどの餌は特定の鳥にしか食べられません。例えば、貝やカニなどを食べる鳥にとっては全く意味がないばかりか、海や川がよご れることでマイナスになっているのです。
BORGのホームページより