Photo ExpressViewer(フォトエクスプレスビューア)

JPEG、TIFF、RAW画像を高速表示

画像描画を得意とするGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)へ対応することで、大量な画像表示に対しても高速に表示できます。また、表示のためにデモザイク処理を必要とするRAWは、データの中に埋め込まれているプレビュー画像を活用することで快適な表示速度を実現しました。

  • 本ソフトウェアではRAWデータをプレビューする際に、RAWファイルに内包されるプレビュー画像を使用しております。カメラによっては、プレビュー画像を含まないものや、表示サイズがセンサー解像度に比べて小さい場合がございますので、ご購入前に試用モードでプレビュー画像をご確認ください。
サムネイル一覧表示

写真整理に便利な多彩なマーク

写真をグループ分けする際や選択の目印として、カメラ本体や他のソフトとの連携が可能な5つ星によるレーティング機能を搭載しています。また、直感的に分かり易いカラーマーク(赤、青、緑、黄、紫)を写真へ付加できます。なお、カラーマークは重複して付加できますので、最大で32通りの組み合わせに分類することが可能です。更に、記念写真や特別な写真用にお気に入りマーク(ハート形)の設定もできますので、お気に入りの思い出だけを集めた写真鑑賞する際などにも活用可能です。

多彩なマーク

写真探しに便利な検索・フィルタ機能

5つ星のレーティングやカラーマークによる検索はもちろん、撮影日時や使用したカメラやレンズの焦点距離、絞り値(Av)、シャッター速度(Tv)、ISO感度、拡張子などの画像情報を元に写真検索をおこなえます。また、画像にキーワードを設定しておけば、キーワードによる検索も可能ですので、オリジナルワードで目的の写真を探し出すこともできます。

検索・フィルタ機能

サムネイル表示を任意に並び替え

ファイル名や画像情報などのルールに従って並んでいる写真を、自分好みの順番に写真を並び替えることができます。一覧表示された写真から移動したい写真を、任意の場所へドラッグ&ドロップするだけで変更できます。写真を自分独自のルールで並び替えたい場合に有効です。

サムネイルの任意並び替え


ファイル名の一元管理

記録メディアからの画像取り込み機能を搭載しています。パソコンに記録メディアが接続されると保存場所やファイル命名に関する設定のダイアログボックスが表示されます。複数カメラをお使いの場合のファイル名一元管理や、ファイル名をご自身のルールで設定したい場合に便利です。また、メディアからの取り込み機能にはフォルダの振り分け機能やリネーム機能も搭載しているため、撮影日時や撮影情報等の条件からフォルダの振り分けやファイル名の一括変換もできます。

ファイル取り込み時のリネーム機能

上下/左右に並べて比較できるマルチ表示

似たような構図の風景写真やポートレート写真での僅かな表情の違いなど、写真の選択に悩む場合に、プレビュー画面に2枚の写真を並べて比較できます。写真の配置は上下、左右の切替ができますので、タテ位置写真やヨコ位置写真に合わせてご使用いただけます。また、マルチ表示中にそれぞれの写真を拡大・移動することが可能ですので、細部の比較も簡単におこなえます。

マルチ表示(上下)


豊富なショートカット

膨大な量の写真セレクトをする業務用途なども想定し、使用頻度が高いコマンドにあらかじめショートカットキーを設定しています。また、お客様の使用状況に合わせてショートカットが設定できるように、カスタムキー設定もご用意しています。ショートカットキーを上手に使うことで、写真セレクトの効率を上げることができます。

豊富なショートカット

サムネイル表示の画像情報ON/OFF

写真を一覧表示にした際にサムネイルにはファイル名だけが表示されていますが、表示設定にてサムネイル表示中の画像情報をONにすることで、ファイル名の他に撮影日時、絞り値(Av)、シャッター速度(Tv)、ISO感度を一緒に表示することができます。目的やお好みに合わせて表示設定をお選びいただけます。

画像情報ON/OFF

その他機能一覧

  • 表示モードの切り替え(プレビュー/サムネイル/コンビネーション表示)
  • プレビュー背景色の変更
  • 90度回転表示
  • 選択コマの中央表示
  • 選択コマの一括リネーム
  • 選択・予約コマの一括コピー/移動/削除機能
  • プレビューの全画面表示
  • モニタプロファイルの設定
  • グリッド表示のON/OFF
  • 画像情報でのサムネイルの並び替え
  • IPTC情報の編集
  • XMP形式による画像情報の書き出し
  • ヒストグラム表示
  • 他のアプリケーションで開く

動作環境

必要動作環境
  • Microsoft® Windows® 10 64bit版
     ※ Microsoft® Windows® 10のタブレットモードには対応しておりません。
     ※ 32bit版OSには対応しておりません
  • Intel® Core 2 Duo 以上 または AMD Athlon 64 X2 以上のプロセッサー
  • DirectX 10以上に対応したグラフィックボード
  • 4GB以上のRAM(8GB以上推奨)
  • 10GB以上の空き容量のあるハードディスク
  • 1,024 × 768 以上の画面解像度をサポートするディスプレイ

「Photo ExpressViewer」 のライセンスは2台のパソコンまで登録可能です。